外来診療

gairai_img01.jpg

おもな診療科

神経内科

人間の神経は、大脳を基点に脊髄、末梢神経を経由して筋肉を終末とします。その動きを調節をする部分が、小脳、中脳となります。

そのいずれかが障害されると"運動障害"、痺れや痛みと言った"感覚障害"が出現します。具体的には、認知症、脳血管障害(脳出血・脳梗塞後遺症)、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、末梢神経障害、筋炎等です。

患者さんの運動障害・感覚障害の原因を究明して治療する科が神経内科です。現在、神経内科専門医は全国で5000名程度と少ないのが現状です。近くで神経内科医が見つからない方、是非当院をご利用下さい。

充実の設備で高度な診療

当院ではCTも完備しております。総合病院では数回受診が必要なケースでも、1日で診断・治療します。
更に精査が必要な場合は、当院から県立多治見病院・土岐総合病院の放射線科の予約が可能です。患者さんは、病院で検査だけ行い、結果説明は当院で行います。患者さんは、1度病院へ足を運んで頂くだけで、病院受診と変わりないレベルの診察が可能となります。

消化器内科

当院では、常に患者様の訴えに耳を傾け、各々にあったベストの治療をできるように心がけています。特に、外来では消化器症状の患者様が多く、問診にてある程度の診断・治療をするようにしています。

しかし、問診だけでは不十分な事は当然のことながらあります。検査を必要とする場合も、当院では通常の外来では十分なだけの設備を持っていますので、当院にてほとんど完結できます。特に楽な胃カメラである"経鼻内視鏡"を積極的に行っています。

もちろん手術・観血的な治療を要する場合は、速やかに土岐総合病院・県立多治見病院へ紹介しています。

当院で対応可能な消化器の検査と治療
  • ヘリコバクターピロリ菌の検査(呼気検査)と除菌治療
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍・慢性胃炎・大腸炎等の診断・治療
  • 内視鏡を使用した胃ろう交換
  • 腹部エコー・CTによる肝臓病・胆のう・膵臓病の診断と治療
  • B型・C型慢性肝炎のインターフェロン治療

そのほか高血圧・高脂血症・糖尿病を中心とする一般内科にも精通しています。