ホムドクスクエア

hd14-1.jpg

外来や訪問診療をしていると、必ず第一声は「きちんと食事が取れていますか?」

「きちんと便は毎日出ていますか?」と言います。便通は人間にとって一番大事な解り易い健康のバロメーターで、特にお年寄りにおいては日常の関心事の一番に考えられています。

そこで今回は、便秘についてお話します。

 

便秘とは

排便が順調に行われない状態をいいます。2~3日毎でも規則的に便通があれば便秘ではありません。

はっきりした定義はありませんが、通常3日以上便がなければ便秘と考えられています。

 

便秘の症状

便秘は、色々な症状や病気が出ます。お腹がはる・お腹が痛い・げっぷが出等の消化器症状から、疲れやすい・気分不良・不眠・じんましん・肌荒れ等の体全身の症状も引き起こします。

 

便秘の種類

1.病気が原因の便秘 腸管自体の解剖学的・病気(大腸癌が代表的)による異常、腸管の周りの臓器(子宮・膀胱・腹膜等)の病変による腸管圧迫浸潤によって生じる閉塞原因の便秘です。手術後の癒着などにより、腸管が閉塞する便秘もこれに含まれます。

2.腸の運動が原因の便秘 腸管運動に異常が生じて起きる便秘です。

一時的便秘(急性便秘) 転勤・転居・旅行・進学・就職等で環境が変わり、その事が原因でストレスとなり、腸管運動に異常が生じて起きる便秘。

常習性便秘(慢性便秘)

弛緩性便秘常習便秘のほとんどを占め、大腸の緊張がゆるみ運動が弱いために便を十分に押し出すことができないため起こる便秘です。腹筋が弱くなり、運動時間が短くなったお年寄りに多く認められます。

直腸性便秘便が直腸に送られると、通常排便反射が起き便が出ますが、それが起こらず、直腸内に便が停滞する便秘です。便を我慢する習慣の人に多く認められます。

痙攣性便秘大腸の運動が強すぎるために起こる便秘です。原因は精神的ストレスが多く、持続的に便秘が続くことは少なく、便秘と下痢が交互に発症します。

 

便秘対策

規則正しい食生活朝食をきちんと食べることは、排便活動をスタートさせる

上でとても重要です。食抜きは排便機能を妨げることになり、まずは規則正しい食生活、特に朝食の摂取確実に行うことが大切です。

食物繊維を摂る食物繊維の豊富な物を十分に摂ることが必要です。

さらに水分も適度に摂ること、朝食時に水や牛乳を飲むことも効果があります。

適度の運動腸の運動を促進します。運動のあとの水分の摂取も多くなります。

便を我慢しない何度も我慢してくると、神経の反射が鈍くなります。

精神的ストレスをなくす仕事や家庭内のストレスを無くして下さい。

 

毎日規則正しく便通がある事は素晴らしい事です。

健康の指標として、毎日自分の目でチェックして下さい。

hd14-2.jpg

« 一覧に戻る