土岐内科クリニックデイケアセンター | 株式会社ザイタック

デイサービス

土岐内科クリニックデイケアセンター

学習療法を中心に据えた新しい認知症リハビリデイサービス

day_main_06alt.jpg

岐阜県土岐市の土岐内科クリニックデイケアセンターは、「薬を飲んで寝ていても、絶対に認知症は良くならない」という考えを出発点として、学習療法を取り入れたデイケアをおこなっています。

定員10名と小規模ながら、ご利用登録者数は 75名にのぼり、その全員がデイケアを楽しみ、頭を、心を、体を元気にしていらっしゃいます。

>> 詳細情報PDF

廃用性認知症って?

最近の研究で、使わない脳は退化が早いことが明らかになってきました。逆に活発に働いた脳では神経細胞が新生される可能性も指摘されています。脳は使わないとさびついて機能が低下してしまうのです。これが、廃用性認知症です。

認知症のご高齢者は、以前には簡単にできていたことが以前と同じようにはできなくなります。社会生活や家庭生活はなかなかご本人のペースに合わせてはくれないので、周囲から取り残され、残っている能力を発揮できる場面がどんどん奪われていきます。例えば、人の話を聞いて理解する能力や話す能力は衰えていないのに、記憶障害のために話の内容が周囲の人とかみ合わず、会話を楽しむことができなくなります。

"できないために使わない、使わないためにさらに機能が低下する"という悪循環に陥るために、本来の病気以外に廃用性の障害が合併してくるのです。

前頭前野って?

コミュニケーション、感情、身辺の自立などは、すべて大脳にある「前頭前野」という領域がコントロールしています。つまり、老人性認知症の原因は様々ですが、社会で問題となるその症状のほとんどは、前頭前野の機能に関係するものなのです。人間の前頭前野には
(1)思考する
(2)行動を抑制する
(3)コミュニケーション(対話)する
(4)意思を決定する
(5)情動(感情)を制御する
(6)記憶をコントロールする
(7)意識・注意を集中する
(8)注意を分散る
(9)意欲を出す
などの働きがあります。前頭前野は"人間の心"そのものといえるでしょう。また、前頭前野が命令を発することによって脳のほかの領域の機能が働くという点で、「前頭前野は脳の司令塔である」ともいえます。

脳はよみがえる!

day_kumon.jpg

当センターでは、"コミュニケーションを充実させ"、"くもんの学習療法センター"と連携することで、大脳の前頭前野を活性化させ、その機能を回復、認知症を予防・改善をしています。

"学習療法"とは、音読と計算を中心とする教材を用いた学習を、学習者と支援者がコミュニケーションをとりながら行うことにより、学習者の認知機能やコミュニケーション機能、身辺自立機能などの前頭前野機能の維持・改善を図るものです。(詳細参照:くもん学習療法センターホームページ

早期であればあるほど、回復する可能性が高くなります。「おかしい」と思われてから、1~2年で急速に進行するケースが多くみられます。介護が必要になる前に早めに手を打ち、当センターでリハビリを行いましょう。