認知症患者さんは大袈裟?

2016-09-14

“認知症患者さんは痛みに大袈裟”
と言われることがあります。
私の患者さんにも思い当たる例があります。

例1)      採血の際に
過剰に痛がります。
痛がるどころか
泣き叫ぶ!
他の患者さんからも
“何事か?”
と不安な視線。
いやいや、単に採血しているだけです。
さらに暴れるは、
つばをかけるは、
何とか、押さえて採血完了
とてもひどいことをしたような罪悪感です。

例2)      インフルエンザの予防接種
皆が並んで
順番に注射を打つなか、
突然、地団太を踏んで
痛がり
“なんて痛い事するの!”と
怒られる。
とてもひどいことをしたような罪悪感です。

例3)      お腹が痛いと執拗に訴え
家族が、臨時で受診。
相当痛がっていたようで
家族も不安顔
『○○さん、お腹のどのあたりが痛いですか?』
『・・・どこも痛くありません』
家族の驚いた顔!!
認知症患者さんは
とても素直です。
痛ければ痛い
痛みが取れれば
痛くない
ある意味
小児のように素直です。


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


例4)      痛みではないのですが、
多くの患者さんは寒さに敏感です。
少しでも寒いと
服を厚着します。
さらに重ね着をして
何枚来ているの?
動きづらくなって、転倒するほどです。
湯たんぽで低温やけどする人も後を絶ちません。
そして5月、かなり暑くなってきても
なーんと暖房

このように、
認知症患者さんの
訴えは当てになりません。
しかし
毎回、検査をすべて行うことはできません。
時に
見落とす可能性があることも
ご家族には、ご了承願っています。

error: Content is protected !!