医師として学ぶことは医療だけではない

先回、ご紹介した
脳出血後、経鼻胃経管栄養が導入された86歳の男性。
ここで問題になるのは、介護力です。
さらに介護力を補う年金、預貯金も重要となってきます。
今回のケースでは、
配偶者が死去しており、
主たる介護者は長男のお嫁さんひとり。
あまりに乏しい介護力であるため
在宅医療は不可能です。
というより
専門医として薦めません。

在宅医療が不可能で施設を探す場合、
経済力が相当に重要になります。
急性期病院から慢性期病院では
医療費はそれ程かかりません。
かかったとしても、高額医療制度があるため、
一定額を超えれば還ってきます。

しかし、発症から5-6か月もすると
施設入所となります。
通常、月額15-20万円のお金が必要になります。
今回のケースでは、
運動機能障害あり身体介護が必要
高次脳機能障害のため、理解力は欠如
その上、経鼻胃経管栄養の管理が必要。
介護をするものとしては、相当の困難ケースです。
そのため、
受け入れてくれる施設は限られます。
仮に入所しても、
頻回に、経鼻胃経管栄養を抜くようなことがあれば、
退所を命じられることさえあります。
この時点で、”入居費用が安い”を望むことは不可能です。

今回のケースでは
幸い経済的負担が可能であったため、
月額35万前後の施設に入ることができそうです。
もしも、経済的余力がなければ、
長男のお嫁さんが
自分の人生と体力を犠牲にして、
介護するしかないのです。
その結果、長男のお嫁さんも
身体を壊してしまう・・
そんなケースを何度も診てきました。


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


相談もなく、経鼻胃経管栄養を入れた若い先生
きっとそんな知識も想像力もなかったのでしょう・・
医師として学ぶことは医療だけではないんです!

経鼻胃経管栄養の欠点.jpg

error: Content is protected !!