海外ブランドのファスナー

2年ほど前より、プライベートスタイリストさんをお願いしています。

そのため、購入する服や小物は、年4回のショッピングで、スタイリストさんの提案する服から選んで購入しています。

選ぶ手間と時間が節約されるとともに、自分ではあまり選ばないような、デザインの服を紹介いただいています。

特にヨーロッパのブランドのデザインは素晴らしく、“オシャレなものを着ていますね”と言われると、自分で選んだわけでもないのに嬉しくなってしまいます。

 しかし、海外ブランドで一つ困ったことに、ファスナーのクオリティの低さがあります。海外ブランドでも多くは日本のYKKが採用されており、その場合は全く問題ありません。

しかし、YKKでないメーカでは、明らかにクオリティが悪く、ひどいと数回で使えなくなることもありました。

もちろん、交換いただきましたが、それでも、元々のクオリティが悪いため、交換された物も、いつ壊れるか心配です。


当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


 店の人に聞くと、購入と同時にYKKのファスナーにお金をかけて付け直す方まで見えるそうです。

それだけのクオリティの低いファスナーを平気で提供している、メーカの姿勢には驚いてしまいます。

 さすがに、私はそこまでしませんが、ファスナーがあるものは必ず、メーカを確認しています。

そして、どれだけデザインが気に入っても、YKKでなければ購入はしません。

 そんな素晴らしいファスナーを提供している、YKKさんに感謝するとともに、海外ブランドにもファスナーのクオリティに気を配って頂きたいものです。

error: Content is protected !!