お葉書を頂きました

先日、遠方から受診されていた患者さんからお葉書を頂きました。

“お世話になりました。先日、永眠いたしました。先生の「子供さんが、きっと見ていますよ」と言う言葉を胸に介護をしてきました。ありがとうございました。”

その方は、懸命に認知症のおじいさんの世話をされていました。しかし、身内の心無い言葉・態度に苦労されて介護されていました。思わず、30年前の 自分の母親の姿と重なってしまい、かけさせていただいた言葉が「子供さんが、きっと見ていますよ」と言う言葉でした。苦労して介護している両親の背中を、 姉と自分は敬意を持ってみていましたから・・・


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


そんな自分の言葉が、お役に立てたことはとても嬉しい事でした。

error: Content is protected !!