本当の認知症専門医の探し方

2014-01-08

最近、東京など地元以外での仕事も増えてきました。その際に、『お勧めの認知症の先生を紹介してもらえませんか?』という質問をいただくことがあります。通常の病気であれば、大学病院、もしくは地域の基幹病院をご紹介すれば間違いはありません。しかし、認知症は診察に時間や手間がかかるため、逆に大病院ほど患者さんの期待に応えられないことが多いようです。

【一般的に大病院での認知症の診察の特徴】は以下のようです
・ 患者数が多く、ご家族の話を十分聞いてもらえない。
・ 診断重視であり、ご家族が困っていることに対する対応が不十分
・ 医療以外の、介護・社会的対応は苦手
・ 薬だけ処方され、それ以降は血圧を測るだけ
・ 現在の状況の重症度、今後の経過についての説明が不十分。聞いていも、はっきり答えない

当院でも認知症の初診には1時間は必要とします。そのため本当に認知症を専門とする医療機関は、限られてくるのです。それでは、どのように見つければ良いでしょうか?

インターネットで“認知症専門医”と入力しても、東京であれば数百件が出てきます。つまり、実際はそれほど患者さんを診ていなくても、登録だけしている医療機関が多すぎるのです。

実は、私は製薬メーカに頼んで、メマリーとイクセロン/リバスタッチパッチの処方量の多い医療機関を調べました。現在、認知症の治療を専門に診ていれば、必然的のこの2種類の処方は増えてきます。もちろん患者さんも集まりますので処方の絶対量も増えます。従来のようにアリセプトだけを漠然と処方しているだけでは失格です。ちなみに、この基準で調べますと東京圏でも10件もありません。全国レベルでは各県1-2件しか該当しません。認知症を本当に診ている、診れている医療機関は全国で100件程度というのが妥当な数であるようです・・

error: Content is protected !!