誰が引導を渡す?・・早期認知症経営者

2015-10-21

某信用金庫の職員さんの前で認知症の講演をしたことがあります。
『窓口で、突然怒鳴りだすお客さんが見えませんか?』の質問に
皆がうなづいていました。
『そんな話は聞いてない!』と言って突然怒鳴りだす。
多くの場合は、早期認知症による前頭葉機能障害です。
お客さんからのクレームにはじっと耐えるしかありません。
大変なお仕事です。
しかし帰りがけに、担当者が私の耳元でささやきました。
『実は、お客さんよりも上司の前頭葉機能低下で困っています』
思わず、苦笑いです。
しかし、一般企業の場合は、大部分は65歳で定年です。
そこで、早期認知症患者さんは強制的に経営の現場から退場されます。

その点中小企業のオーナーは厄介です。
65歳を超えても、経営の一線でおられる方はたくさん見えます。
誰も、引導を渡す人もいません。
前頭葉機能が落ちてきても、周囲も見て見ぬふりです。
ある意味、とても危険な状態と言えます。
私の患者さんでも、前頭葉機能低下の状態で経営を続けて
突然、長年の功労者を解雇したり
経営判断を間違える方も見えます。

“論理的な説明が理解しにくくなっていませんか?”
“ちょっとしたことでイライラしませんか?”
少しでも自覚があれば、前頭葉機能が低下している可能性があります。
イライラした時は少し冷静になって
深呼吸をしてみてください。


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


自覚のない早期認知症は、先回ご紹介した経営者のように社会迷惑です。
勇気をもって、彼らを説得して、経営の場からは退場してもらいましょう

error: Content is protected !!