物忘れと認知症

 認知症専門外来を開いていると、最近物忘れがひどくなったという主訴で受診される方が多くみえます。物忘れと認知症の違いを簡単に説明します。

「昨日の夕食のメニューを覚えていますか?」高齢者の方を対象とした講演でこの質問をすると、不安げな顔をされる方が多くみえます。仮に思い出せなくても心配は要りません。メニューが思い出せないことは、「物忘れ」いわゆる「健忘」であり、病的意義はありません。しかし、「食べたという行動自体」が思い出せない場合は、認知症の可能性が高くなります。つまり内容を忘れる事は問題ありませんが、行動自体を忘れると問題となります。


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


error: Content is protected !!