寅3匹

先週、私の母、寅年の節子についてお話をしました。

ちなみに、母だけでなく祖母も、姉も寅年です。

凄いと思いませんか?

女3人が寅。

気の強い、寅3匹の中で、自己主張しようものなら、噛み殺されてしまいます。

その為か、気の強い女性の中で無難に生き残る術を身につけたようです。

この術は、医師という職業、そして現在の職場環境にとても役に立っています。

人生には無駄なことは何もないのだと思います。

通常、病院での医師という仕事は、看護婦さんとの協力で成り立ちます。

いかんせん、数的には看護婦さんの数の方が多いわけですから、いかに良いコミュニケーションを保持するかが問題です。


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


しかし看護婦さんは、概して、気の強いしっかりした方が多いものです。

(新人でおとなしい方でも、直ぐにしっかりしてきます)。

その時に、3匹の寅によって、身につけた術が役に立つのです。

私は、気の強い女性に怒られたり、文句を言われても、正直あまり気になりません。

(このことが、相手の女性をさらに苛立たせるようですが・・)

時に怒られている環境が、慣れ親しんだ状況であるため、私の大脳辺縁系を刺激して“快”とさえ感じてしまいます。

真剣に怒ってくれているスタッフの皆さんには申し訳ありません。

懲りずに、お付き合いください!

error: Content is protected !!