クルーズトレイン「ななつ星in九州」

先日、両親と姉が
JR九州の
クルーズトレイン「ななつ星in九州」に
参加してきました。
なかなか手に入らないプラチナチケットを
孝行息子?である私が、
幸運にもゲット。
その時から、
両親の喜びは、見ている者が
微笑ましくなるほどでした。
(もちろん、旅行費用は
両親自身が出しましたが・・)
さらにとれたチケットが、
特別なデラックススイート!!
通常の部屋と違い、3人が参加できるため
付き添いで、姉も参加。
3人のはしゃぎぶりは、
まさにB型2名+O型です。

しかも、値段が値段ですから、
すべてが驚きの連続です。
旅行中の食事やパーティーには、
すべてドレスコードがついています。
そうすれば、
必然的に荷物も増えますが、
すべての荷物を
前もって送ることができたようです。

当日は、
博多駅でのセレモニー後
列車がスタート。
旅行中も
有田の窯元訪問など
途中の駅での観光もあり、
列車の中でも、
豪華な食事に
音楽鑑賞と
飽きさせない
工夫がされていたようです。

それでも、
81歳の父親、78歳の母親には
さすがに列車の旅が負担であったようで、
帰宅時には、
『もう旅行は最後かもしれない』と言っていました。
しかし、
これも先回紹介した
高齢者の元気な証拠と聞き流していました。
何しろ、食事もすべて完食していたようですから・・
その上11月には、
私も参加しての
京都家族旅行が控えています。
最後の旅行では、ないのです。


当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


ちなみに、
「ななつ星in九州」の後に
もう1日宿泊して、
50年前に住んでいた福岡の街を訪ねた3名
『やっぱり50年前とは見る影もない』と言っていました。
50年前と変わっていないことの方が
無理な気がするのですが・・

いずれにせよ、
そろって健康で長生きしてくれている
両親に感謝です。

error: Content is protected !!