三つ子の魂、百まで

人間の脳細胞の数はどの程度か知っていますか?答えは約180億個です。 

驚くべき事に、この数は出生時にもほぼ同じ数が存在します。

出生後、神経細胞は樹状突起を伸ばし、複雑なネットワークを形成し、約3歳には基本構造は完成すると言われています。

いわゆる「三つ子の魂、百までとは」医学的にも正しいものなのです。

物心ついてから、人間は自分でモノを考え行動していると考えがちですが、実はその基礎は3歳までに掲載されたネットワークを使っているのです。


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


それでは3歳までは誰がネットワークを作るのでしょう。

両親始めとする周りの人間が話しかけ、オムツを替え、食事を与えるといった育児を通じて形成されます。

やはり3歳までの育児は大事なのです。

error: Content is protected !!