出版②

出版に際しては、学研メディカルさんのお陰で、とても親しみやすい装丁、イラスト、手ごろな薄さ(120ページ)に仕上がりました。

現在は、本の売れない時代であり、売れるために重要な事は、“装丁と薄さ”といわれています。

その点では、クリアできたのではないでしょうか?

また、読者の対象は、認知症介護に関わっている女性が中心と考えていました。

しかし、実際に、メールやお手紙を受け取ると、男性も認知症に関心を持たれているようです。

本の中にも書いたのですが、現在、認知症患者さんは250万人います。

身内が4人いるとしても、1000万人の方が認知症と関わっているのです。

その事実からすると、男性も身内に認知症の方がおられれば、関心を持たずにはいられないのではないでしょうか?

今後、さらに増え続ける認知症患者さん。

専門医として正しい情報の提供に努力したいと思います。 

そういえば、最近当グループのHpの認知症無料相談の利用者さんも急激に増えているのも同じ理由かもしれません。

認知症は、患者さんや家族からの聞き取りで、かなり診断ができます。無料相談の項目に入力いただくだけで、かなりの精度で診断できます。皆様も是非ご利用ください。

error: Content is protected !!