自分が気にしているほど相手は気にしていない。「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ」

自分が気にしているほど相手は気にしていない。「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ」

最近では、年齢関係なく私のように54歳の男性でもSNSと関わらずにはいられない時代になってきました。そんな中、SNSの投稿で勝手に落ち込んだり、悩んだりすることもあるものです。そんなSNSとの付き合い方を知るには、とても参考になる本に出合うことができました。Jamさんの「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ」です。一部をご紹介します。

Amazon紹介ページ
  • 「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ」 その言葉を聞いた時、嫌な相手のためにどんなに真剣になっても、自分が気にした分だけ、相手も真剣に自分のことを気にしてくれるわけじゃないんだと、ハッとしました。 真剣になるのは、自分にとって本当に大事なことの為だけでいいんです。
  • 「お芝居と同じように、人生にも上手な人と下手な人がいるのよ」
  • SNSでもネガティブな言葉よりも、いい言葉を沢山拾ってみませんか?  持ち主不明のゴミは、無理に持って帰らない。
  • SNSで目に見える幸せは、 映画のハイライトだけ見ているようなもの
  • いい人悪い人は「今の自分にとって」 都合のいい人悪い人
  • 「嫌な言葉は呪文だから、気にしなければその魔法は効かない」
  • 自分と合わない人は、幸せ担当が違う
  • 孤独があるから 大切な人や時間が輝いてくる
  • 万人に好かれなくて当然だし、自分もまた全てを好きにならなくていい。 そう思うとあまり評価を気にしすぎることもなくなり、気楽になれました。 人の評価ほどあいまいなものはない
  • 自分を大事にすることも、大切な人の為になる
  • 大切な人には毎日花に水をやるように、優しい言葉をかけるのが大事だそうです。 「好き」や「ありがとう」は心の栄養になるから、惜しみなくかけてあげてって。
  • 「尽くすのは自分の勝手」。それくらいに思ってみませんか?  どんなに心を開いた人でも相手の心を変える権利は手に入らない
  • 「やってあげたのに」と怒ってしまう人は、たとえるならば、原則無料の課金アプリに似ているかもしれません。
  • 人に何かをする時は 「やってあげた」ではなく「やりたいからやった」
  • 「疲れたから休む」ではなく「疲れる前に休む」
  • 人生も電車も自分で行き先を選んでいいし、いつでも乗り換えられるのですから。 乗り換えないと決してたどり着けない場所もある
  • 過剰な謙遜をするのは、褒めてくれた相手に対して「お前は見る目がない」と言っているのと同じだって。
  • 自分の中で自信が持てないことは、それが苦手だと決め続けているうちに、本当にそうなってしまうものもあると思います。
  • 自分の意志で選べば、どんな選択も正解
  • 生きている時間の中で 変えられるチャンスがあるのは「今」

お薦めです。

error: Content is protected !!