新書の発売

平成23年5月17日、私の第2作介護にいくらかかるのか?―いざという時、知っておきたい介護保険の知恵』が学研新書から発売されます。

今回は、新書版ですので、値段も819円(税込)でお手頃になっております。

すでにアマゾンでも購入が可能です。

また、10冊以上の購入であれば、直接学研新書にご注文いただければ、少し割り引いて購入が可能です。

私には、若年性アルツハイマー病に罹患して職を失い、住宅ローンの滞納により自宅が競売にかかり、最後は自己破産、生活保護になった患者さんがみえます。

その時は、私に知識・経験がなかったため、ただ依頼された診断書を書くことしかできませんでした。

その時、病気の本質を理解できている専門医が、社会資本の使い方も熟知することは、患者さんのためになると確信しました。

そのために、ファイナンシャルプランナーの資格も取り、社会保険労務士、弁護士、司法書士、保険会社さんと勉強もさせていただきました。

すでに『専門医が教えるちょっと得するお金の話』という演題で講演させていただいていますが、多くの方々から好評を得ております。


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


そんな知識を今回は、新書という形で出版させていただくことになりました。

多くの方々の、お役にたてば幸いです。

現在、これだけの知識を保有している専門医は、全国でも自分だけではないか?という自負もあります。

出版だけでなく、講演等でも広めることができればと考えています。

ちなみに、平成23年5月28日は、岐阜県高山市でジブラルタル生命の地区大会で講演予定です。

また出版記念講演会を、平成23年6月4日(土)に土岐市のセラトピアで、6月26日(日)には名古屋駅のウインクあいちで行います。

お誘いあわせの上、ご参会いただければ幸いです。

error: Content is protected !!