これを読んで実行すれば、無借金経営! “先読み経営by佐藤肇”

先回紹介した、大竹慎一さんのお金の法則恐慌編以上に堅実な本が、今回紹介する、佐藤肇さんの『先読み経営』です。

なんと、佐藤さんの会社『スター精密』は売り上げがゼロになっても、3年間は給与と賞与を支給できるだけの蓄えがあるのです。

スター精密は具体的には、

儲からないものはやめて、儲かるものに注力する。

在庫、売掛金を減らし、新規採用を控え、設備投資は借金に頼らない範囲で行う。

同時に、借金、特に短期借入金をすべて返済する。

結果としてスリムで健全な財務体質を作る!

本の中で絶対に会社を潰さないための鉄則を指摘しています。

1)    絶えず5年先までの最悪の事態を想定する

5年先まで見通す。見通しをBSに表わす。

見通しは、良い(2%増)・普通(0%)・最悪(売上半分)の3つの場合を想定する。

見通しは、1年ごとに見直す

2)    捨てる勇気を持つ・・売上至上主義を捨てる

*人・モノ・金の集まりである、BSの総資本を小さくすることが、中小企業を生かす経営

3)    健全性を重要せよ。

*但し、現金比率50%を超えれば、借金の返済を


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


4)    借金で大きな買い物をしない

*自分のお金で固定資産は買いなさい

*設備投資は、その期の減価償却の範囲内とせよ! 超えても上限は130%

5)    金の出より、入りを1か月早める

6)    在庫は付加価値の4か月以内に抑えよ

7)    1円も無駄にしない社風を作れ

8)    現金創出力を高めよ

9)    5年先のBS計画のない借金はご法度

10)  減収しても増益する体制を作る

を指摘しています。本の中には、以上を実行するための細かいシートがついています。

そして、佐藤式経営の鉄則を守れば、5年で無借金になると断言されています。

当グループも全体では、まだ借入れがあります。

今後、5年と言わず、4年で個人も含めた完全な無借金経営と同時に、売上が1年間ゼロでもスタッフへの給与が払える体制を構築します。

素晴らしいノウハウを惜しげもなく、教えて頂いた佐藤肇さんに感謝です。

少し高い本ですが、それだけの価値はある本です。

error: Content is protected !!