支え合う

2016-05-06

地域や
患者さんや
その家族を支えるのが
医師の役割です。
世間的には
医師は
特別な精神力と体力を持っていると
勘違いされています。
どれだけ過酷な労働環境でも
頑張るしかありません。
しかし、医師も人間です。
時に
体力的にも
精神的に
つらくなることもあります。
そんな時には、
同級生である
橋本先生と支え合っています。
二人は大学時代からの同級生です。
名簿の順番が
はしもと
はせがわ
で続いていため
実験等もいつも一緒でした。
自分が開業して
一緒に働いてもらう医師は
“橋本先生しかいない”と思っていました。
そのため、
3年以上にわたってプロポーズ
“断られたら、代わりはいない”と思っていました。
そんな橋本先生が
当院に来てくれることを承諾してくれた時
本当に抱きつきたい思いでした
(もちろん、抱きつきませんでしたが・・)
そんな二人も50歳を超えました。
必ず、どちらかが
先に死ぬことになるでしょう。
自分は、家族に
“何か自分にあれば、橋本先生を頼りなさい”と
話しています。
これからも二人で
地域
患者さんを
支えながら
互いを支え合っていきたいと思っています。
映画
『神様のカルテ』の中のセリフ
『同級生が一緒に仕事をすることはいいもんだよ!』
本当に同感です。

error: Content is protected !!