“将軍の日”で夢の実現を!

平成26年5月18日(日)、ザイタックの小森代表取締役とSMC税理士法人で将軍の日を行いました。経営者が丸1日、5年先のイメージを持つための時間はなかなか取れないのではないでしょうか?将軍の日では、経営者が中期経営計画を立案し、5年後の決算書が出来上がります。その後、計画を60分の1にして、月次計画書に落とし込みます。次月からは、その月次計画書が達成できているか、曽根康正会計士による厳しい指導が行われます。

そのため月次計画への落とし込みはさらに細かくなります。計画は、予想より良ければよいものではありません。あまりに、数字が乖離していれば計画自体の信ぴょう性が疑われます。この準備には、小森代表取締役が相当時間をかけて、作りこみをしてくれます。介護事業では、営業日数、季節等での売上変動も激しいものです。さらに新規事業計画は、投資、備品類、人件費、さらに売上予測まで月次レベルで入れる必要があります。これらが詳細であればあるほど、達成できる可能性が高くなります。そして、月次がすべてクリアできれば、5年後には実現するわけです。

なにしろ当グループは今回が8回目の将軍の日です、第1回目に夢と思っていた5年後の中期経営計画が、計画値以上に実現した実績があります。今回の中期経営計画も5年後には実現していると思うとワクワクしてしまいます。

経営計画の重要性は、多くの方が提唱していますが実践・実現している法人は少ないのではないでしょうか?実践してみると、経営計画をもたずに経営している経営者が存在することが不思議です。彼らは、地図も持たずに航海して、不安ではないのでしょうか?現在、法人の3/4は赤字であると言われています。しかしSMC税理士法人のお客様の7割以上は黒字です。これは凄いと思いませんか?やる気があれば、厳しいですが “将軍の日”はお勧めです!


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


                                                    

error: Content is protected !!