健康診断も戦略が大事です・・頭部MRAと心臓MRA

健康診断を受けるにも戦略が大事です。高い検診を受けて満足している経営者が見えますが、医師の目で見ると結構不十分なことが多いものです。経営者が健康診断を受ける目的は何でしょうか?それは、病気であれば早期に発見すること。もう一つは、“突然死”を避けることです。経営者が、ある日突然亡くなってしまえば、スタッフだけでなく家族も困りますし、本人にとっても心残りではないでしょうか?場合によっては、会社自体もつぶれてしまう事さえあります。

突然死を起こす代表的な疾患は、くも膜下出血と心筋梗塞です。どちらも前触れもなく発症し、あっという間に亡くなってしまいます。現在は、その二つを前もってチェックする方法があります。くも膜下出血は、頭部MRAで脳の血管にできた動脈瘤をチェックすることで予防できます。あくまでMRIでなくMRAです。MRIは脳の現在の状況を見ているだけで、動脈瘤まではチェックできません。

心筋梗塞は、心臓の冠動脈の狭窄をチェックすることで予防ができます。しかし頭部MRAに比べ心臓の血管をチェックできる施設はあまりありません。東京の方に頼まれて探したところ、心臓画像クリニック飯田橋を見つけました。なんと、CTでなくMRIで冠動脈の血管が描出できます。CTのように造影剤もいりませんし、被爆もないので理想的です。自分が知らずに紹介するのも何なので、平成26年2月5日(水)にプレミアムドックに行ってきました。午後2時から約3時間30分で、採血、動脈硬化判定、心電図、心エコー、内臓脂肪、頸部エコー、頭部MRIとMRA、低被爆CTによる冠動脈石灰化スコア測定、心臓MRIとMRAがすべて行われ、結果も同日に説明を受ける事ができます。幸い脳も心臓のいずれの血管も正常で、突然死の可能性はかなり低いと思われました。これらすべて込みで168,000円という値段は、費用対効果を考えるととても安いと思いました。東京近郊の方だけなく地方の方であっても、3-4時間の拘束でこれだけの検査を受ける事ができる心臓画像クリニック飯田橋は、超お勧めです。


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


 

error: Content is protected !!