引き籠りのいま、映画大好き専門医がお薦めする認知症関連映画13選

引き籠りのいま、映画大好き専門医がお薦めする認知症関連映画13選

自分には趣味はないと思っていました。しかし、周囲から「先生の趣味は映画観賞ですよね?」と言われるようになり、たしかに映画鑑賞が趣味であることに気が付きました。考えてみると、1年に120本以上の映画を見ているのですから趣味なのかもしれません。さて、新型コロナウイルスの蔓延で、休みの日でも外出はしにくいものです。そんな時には、家で映画観賞はいかがでしょうか? これからの時代、誰もが関わることになる、認知症と関連した映画もたくさんあります。

今回の記事では映画が大好きな認知症専門医である長谷川嘉哉が、認知症を学べるだけでなく、映画としても楽しめる名画を一挙13本ご紹介します。

1.まずはこれから。認知症映画のスタンダード

まずは、有吉佐和子さん原作「恍惚の人」は、認知症映画の代表作です。介護保険がなかった時代の認知症介護の大変さが理解できます。主演である森繁久彌さんが、認知症の中核症状だけでなく、家族を苦しめる周辺症状を熱演しています。特に、便をこねて、畳から壁まで便だらけにするシーンは壮絶です。亡くなった奥さんの骨を食べようとする、「異食」のシーンも、とてもよく取材されています。

この1本を観れば、認知症については相当理解できてしまいます。当院のスタッフの教育、学生への授業でも使わせてもらっています。

*恍惚の人

2.映画としても最高のデキ!オススメの3本

せっかくの映画です。何も認知症を勉強する必要はありません。以下は、認知症は関係なく映画として素晴らしい出来です。

2-1.きみに読む物語

認知症の映画と知らずに観た方も多いのではないでしょうか?恋愛の素晴らしさと、配偶者が認知症になった夫婦の深い愛情が、とても上手に描かれています。先日も、「認知症の妻の記憶が、短時間だけ戻るときがあります」と嬉しそうに話されるご主人いらっしゃいました。日々の外来でも、映画に負けない素晴らしいご夫婦がいらっしゃるのです。

*きみに読む物語

2-2.やさしい嘘と贈り物

認知症というテーマを殆ど感じさせることない、感動作です。少しネタバレになってしまいますが、認知症になる前後で、同じ女性に恋をしてしまう。これは、感情を司る扁桃核を理解すると十分にあり得るのです。何しろ、女性に対する快・不快は3歳までに形成されてしまうのですから・・

やさしい嘘と贈り物

2-3.手紙は憶えている

私は、この映画は認知症の映画とは知りませんでした。サスペンス映画として観始めると、息をつく間もないほどに引き込まれてしまいます。そして衝撃な結末。あまり有名ではありませんが、紹介した方々皆さんが絶賛しています。超お薦めです。

手紙は憶えている

3.認知症の最期をうまく描いた

認知症の映画では、本当の認知症の最後は描きにくいものです。ご紹介するアニメーション「しわ」は、認知症の最期を実際に描くことなく、上手に表現しています。本当に認知症の最期を知りたい方は、以下の記事も参照なさってください。

*しわ

4.人格障害を起こす「ピック病」がよくわかる

認知症とは総称であって、その中に100種類を超える疾患があります。1位はアルツハイマー型認知症、2位は血管性認知症、3位はレビー小体型認知症、そして4位がピック病です。4位ですから比較的多いのですが、認知機能は維持されていて、人格が障害されるため、とても理解しにくのです。当院では、ご家族に、『「わたし」の人生 我が命のタンゴ』のDVDをお貸ししています。皆さん、とても理解できたと好評です。何しろ、監督が精神科医でもある和田秀樹先生ですから、とても分かりやすいのです。

*「わたし」の人生 我が命のタンゴ

5.発症前にわかることの是非・遺伝子検査がテーマ

日本では、認知症の遺伝子検査はタブー視されています。対して、アメリカでは自身が希望すれば検査を受けることは可能です。映画「アリスのままで」では、母親が認知症である子供たちが、遺伝子検査を受ける人と、あえて受けない人の心情が描かれています。

*アリスのままで

6.認知症介護と家族の関わりがテーマの2本

日本の映画は、認知症と家族のかかわりを描かれるものが多いようです。但し、実体を知っているものからすると、正直描き方が甘いです。

6-1.わが母の記

この映画を観て、一貫して感じる事。主人公は認知症介護に携わった人でないことです。本当に、認知症介護に関わった、長男のお嫁さんの本当の苦労が、主人公には理解できていないと感じてしまいます。

*わが母の記

6-2.サクラサク

認知症介護の苦労は描かれても、実際には何も解決されない映画です。もちろん、映画は何かを解決するために観るものではありません。しかし、本当に介護しているご家族の多くは、こういった映画は観られません。

*サクラサク

7.過剰な介護負担の実態

映画、「八重子のハミング」は、認知症専門医としては観るに堪えられませんでした。患者さんの症状、介護力から考えて自宅での介護は不可能なレベルです。しかし、映画では、自宅介護を感動的に描いています。こういった映画が、「誰か一人が犠牲になるような介護」を強いてしまうのです。

*八重子のハミング

8.若年性アルツハイマーを描いた

認知症の中で、5%しかいない若年性アルツハイマーですが、やはり映画にはなりやすいので多くの作品があります。

8-1.蝶の眠り

元アイドル中山美穂さんが、若年性アルツハイマーを演じる時代になりました。映画全体に流れる音楽がとても心地良い映画です。何よりも、進行してしまった認知症患者を中山美穂さんが、きちんと演じている点が好感が持てます。

*蝶の眠り

8-2.明日の記憶

渡辺謙さんが主演です。働き盛りのサラリーマンが若年性アルツハイマーに罹患されます。ただし、FP資格を持つ認知症専門医としては、仕事は?収入は?住宅ローンは?自己破産?自宅は競売?などどととても気になってしまいました。

*明日の記憶

8-3.私の頭の中の消しゴム

若い女性が若年性アルツハイマーに罹患されます。必死に介護する恋人に対して、昔の彼氏の名前を言ってしまいます。さらに女優さんが尿失禁もしてしまいます。恋愛だけでなく、認知症の実際もしっかり描かれています。

私の頭の中の消しゴム

9.いい映画だが、アルツハイマーかは疑問

たまにこういう映画もあります。公開前に知り合いに頼まれて観た「毎日がアルツハイマー」。映画の中の、患者さんの年齢と、歩行状態、さらにはちらっと移った頭部MRI写真からは、診断は血管性認知症です。もちろん映画の内容に問題はありませんが、専門医としては気になってしまいます。

*毎日がアルツハイマー

10.まとめ

  • 認知症を描いている映画作品とてもたくさんあります。
  • 認知症が題材でも、映画として素晴らしい作品もたくさんあります。
  • コロナウイルスで引きこもりがちないま、映画を観て心を健康にしましょう
error: Content is protected !!