【お勧め本の紹介】鬼滅の刃もいいけど、この時代にあえて「若草物語」もぜひ

【お勧め本の紹介】鬼滅の刃もいいけど、この時代にあえて「若草物語」もぜひ

若草物語を描いた、映画「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」をアマゾンプライムで観ました。若草物語は、女性が読むものと思っていたので、内容も初めて知りました。夢中で観てしまい、女性の方はこんな素晴らしい本を読んでいたのだと、羨ましくなってしまいました。早速、文庫でも500ページを超える本を購入。一気に読んでいしまいました。そして、再度映画「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」を鑑賞。巷は、「鬼滅の刃」一色ですが、自分は時代を超えて「若草物語」がマイブームになっています。

本から一部紹介します。結構、お金に対する教訓もちりばめられています。

  • あなたたちはそれぞれの肩に重い荷物、つまりなやみをしょっているのですよ。でも、くよくよしてばかりいないで、そのさきにきっといいことがあると信じて前に進みなさい。
  • おなかはすいたままだったけれど、心は満たされていた。
  • 不満があるのなら、いま、あなたがどんなことにめぐまれているかを考え、それに感謝することです。
  • 才能はひけらかさずとも、謙虚でいればおのずと見えてくるものです。
  • きれいでいるだけでなく、つねに謙虚でいることで、ほんとうの賞賛をうけられるのですよ。
  • お金はたいせつですけれど、正しく使われてこそのものです。
  • 遊んでばかりで働かないなんて、働きづめで遊ばないのとおなじだってこと。
  • 仕事は落ちつきをあたえてくれるものです。『希望をもっていそがしく』
  • お母さまは、あなたたちに、お金や名声や地位だけを望んではいません。経験からいうけれど、小さなつつましい家庭で、ささやかな楽しみをありがたく思えるところに、ほんとうのしあわせがあるのです。
  • 悲しいことがあると、うれしいこともつづいて起こるものですよ。
  • 人は、まずしければこそ、自分の手と頭を使ってお金をかせげることに、 純粋な満足感をおぼえるものだ。
  • 子どもたちは夫婦をいっそう近づける存在で、ひきはなすものであってはならないからです。
  • たとえ愛されなくても、尊敬されるにたる人になろうと努力する。
  • 人のためになにかをするって、すばらしいわね。自由にそういうことができる力をもちたいというのが、わたくしの夢だったわ。
  • いつかお金持ちになったら、大きな家を手に入れて、そこに気の毒な子どもたちを集め、その子たちのおかあさんがわりになりたいと思っていたんです。
スクリーンショット 2020-11-09 9.06.49
ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語 ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定)(Amazon紹介ページ
若草物語 (光文社古典新訳文庫) Kindle版(Amazon紹介ページ

 

error: Content is protected !!