祝ポッドキャスト『介護事業の知的経営コンサルティング』100回配信

平成24年10月13日(土)、東京でポッドキャスト『介護事業の知的経営コンサルティング』の第100回目の収録を終了しました。

1回の東京訪問で4-5本まとめて取るので2年間はかかったことになります。

収録は、渋谷のスタジオで行うのですが、嵐が収録に使ったこともあるという本格的な場所です。

完全に防音された空間で、インタビュアーの壱岐美恵さんとの掛け合いで番組は進行します。

番組が続くと、『ネタが切れてしまいませんか?』と言われる方が見えます。

しかし、これは脳の働きを考えると心配ありません。

脳は意識することで新たなアンテナが立ち、次から次へと新しいネタが集まってくるのです。

逆に、出し惜しみをしていては、すぐに情報は尽きてしまいます。

実際に1回の番組で1600字程度の原稿が必要になりますが、ネタは尽きることなく、逆に2-3か月先のネタまで常に補充されている状態です。

人間の脳は、一つの事柄について興味を持つとします。

その事柄を意識すると、テレビ・ラジオ・雑誌至る所に情報があることに気が付きます。

しかしこれは、情報が急に増えたわけでなく、受け手に情報を受け取るアンテナが立ったに過ぎないのです。

不思議に、これだけ情報量が増えてくると、あえて『見ているようで見ていない』、『聞いているようで聞いていない』ことが増えてくるようです。

ちなみに平成24年9月のポッドキャストのダウンロード数が、92507件/月になり10万目前です。

平成22年12月2538件/月から始まりましたが、凄い増え方です。

聞いて下さっている方々に感謝です。

ちなみにポッドキャストのプロデュースは、早川洋平さんのキクタスさんにお願いしています。

キクタスさんのプロデュース先には、鎌田實、安田佳生、鳥越俊太郎、和田裕美、本田健、石原明さんなど有名人が目白押しです。

キクタスさんのプロデュース能力には驚きです。

他の方々に負けないような番組を提供していきたいと思っています。

皆様も、よろしければ、一度聞いてみてください。(当グループのホームページからも視聴可能です)

error: Content is protected !!