休日診療所

ゴールデンウイーク真っ盛りです。

そんな中、病気になったり怪我をした時に頼りになるのが休日診療所です。

岐阜県の土岐瑞浪医師会では開業医が交代で、土岐市駄知町にある休日診療所(9時から17時30分)を当番で回しています。

頻度的には、年に2回ほど廻ってきます。

今年も、4月22日(日)に行いました。

常日頃、自分の診療所でこだわりを持って運営しているものとしては、少々不満があります。

まず、本当に断熱性の悪い、古い建物です。

冬は寒く、夏は暑い。

待合室も狭く、隔離室もなく、かえって他の患者さんから病気をもらいそうです。

受付は、パチンコ景品所のように小さな小窓から、受付と患者さんがやりとりをしています。


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


最近の、オープンな受付からすると異様です。

強盗でも来るのでしょうか?

さらに、診療所にはレントゲンも心電図もありません。

もちろん緊急の採血も点滴もできません。

通常の自身のクリニックで行っている医療レベルに比べると、お粗末なものです。

正直、休日診療所で診られるものは、“様子を見ても治る病気”しかありません。

また、来院される患者さんも、何日も前から症状がある方が結構見えます。

休日診療所を『休日でもやっている診療所』 と勘違いされているようです。

休日診療所は、あくまで救急の疾患であることをご理解いただければ幸いです。

error: Content is protected !!