略語

先日、グループホームの介護職員から質問を受けました。

介護記録の記載の中で、体温の略語をBTと書いたり、KTと書く人がいるが、どちらが正しいのか?という質問でした。

私個人としては、医師になって22年間、英語のbody temperature の略であるBTしか使った事がなかったので、早速調べたところKTはドイツ語のKörpertemperaturからきているということでした。

ちなみに、血圧は英語では、blood pressureからBPと記載します。ドイツ語ではBlutdruckからBDと記載します。

したがって、どちらも正しいのですが、やはり使用するなら、どちらかに統一した方が良いと思われます。

つまり体温はKT、血圧はBPでは少しおかしいと思われます。

また、相当前から医学の世界でも英語が標準です。

これから使用される方は、略語の正式名称を理解した上で英語の表記を使うことが良いのではないでしょうか?

こんな事を調べていると、学生時代に眼科の教授から『正式名称も知らずに安易に略語を使うな!』と厳しく指摘された事を思い出しました。

質問をしてくれた職員は、介護未経験で就職して1年にも達していません。

資格の取得のために、真摯に勉強をしています。

ある意味とても“純粋”な質問で、大事な事を思い出させて頂きました。感謝です。

error: Content is protected !!