突然死予防!・・鍼灸

2014-10-22

私の日々の生活は、朝から晩まで仕事に集中して、まさに“交感神経の過剰興奮状態”です。このままでは、突然死にまっしぐらですから、約10年前から健康のために鍼灸院に通っています。お気に入りの貞森中醫鍼灸院の先生は、鍼灸医でありながら、名城大学薬学部を卒業され薬剤師の資格も持っている珍しい先生です。鍼灸の世界ではかなり有名で、遠方(熊本県、長崎県、岡山県、兵庫県、大阪府、滋賀県、奈良県、三重県、岐阜県、静岡県、東京都、宮城県)から来院されているようです。

ちなみに東洋医学の先生の良し悪しは、脈診をしっかり取るか否かで判断できます。その点貞森先生は、しつこい程、脈診を取ります。脈診の結果で、経絡に沿って針治療を行います。そのため、人によって、治療する経絡は異なります。また同じ患者さんでも、体調の変化で経絡が変わります。私自身もこの10年間で4回ほど経絡が変わったようです。
貞森先生の治療は、約60分程度かかります。多くの患者さんは熟睡しているようで、結構寝息からいびきまで聞こえてきます。私もほぼ60分、日常では考えられない深い睡眠を取る事ができます。 鍼灸は交感神経を抑制し、副交感神経を亢進させます。そのため良質な睡眠が得られるのです。治療の後半になると、腸がゴロゴロと動く事を感じます。副交感神経の働きで、胃腸の動きも活発になるのです。


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


治療後の、食事はとても美味しく、その日の夜も快眠、翌朝は、すっきり快便です。まさに、鍼灸で快食・快眠・快便が整えられ1週間の疲れが吹き飛んでしまいます。日常生活が交感神経の過剰興奮状態である方には、突然死予防のためにもお勧めです。

error: Content is protected !!