ご家庭に一本あると、役に立つリンデロンVs軟膏

ご家庭に一本あると、役に立つリンデロンVs軟膏

最近、テレビCMで芦田愛菜ちゃんが、「リンデロン」の宣伝をしています。リンデロンは、医療の現場では長年使われていた薬で、とても使いやすい薬です。わが家では、子供たちも一人一本持っていて、とても重宝しています。そんな「リンデロン」についてご紹介します。

1.リンデロンはステロイド

リンデロンは、ステロイド外用剤です。ステロイド外用剤は、作用の強さによって、「ウィーク」、「マイルド」、「ストロング」、「ベリーストロング」、「ストロンゲスト」の5段階に分類されます。このうち、「ベリーストロング」と「ストロンゲスト」に分類されるステロイド外用剤は、医師の処方箋が必要となる医療用医薬品としてのみ取り扱われています。リンデロンは、「ストロング」に分類され、市販されている医薬品では強いステロイドになります。

2.リンデロンの適応・用法・用量

リンデロンは、湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫さされ、じんましんに適応があります。1日1回~数回、適量を患部に塗ってください。

3.感染している部位にリンデロンは塗らないで

ストロングに分類されるステロイドです。湿疹や虫さされのように炎症が起きている部位に、塗ってあげると著効します。しかし、そこに細菌感染が合併して化膿している場合は、使用してはいけません。医療機関に受診して適切な処方を受けてください。


当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


4.適量の塗り方

軟膏はどの程度の量を塗ればよいか迷うものです。軟膏は、FTU(finger tip unit)を目安とします。軟膏は、人差し指の先から第1関節にのる量で、約0.5gに相当します。これを1FTUと呼び。大人の手のひら2枚分の面積を塗ることができるのです。思いのほか少量で、広範囲に濡れると思いませんか?

5.まとめ

  • リンデロンは、ちょっとした湿疹、虫刺されに少量塗っても著効します。
  • ただし、ステロイドですので化膿しているような部位には塗ってはいけません。
  • 用法・用量をまもれば、一本あるととても便利な軟膏です。
Amazon紹介ページ
error: Content is protected !!