日経新聞に広告されているぼったくり投資信託は買ってはいけない

日経新聞に広告されているぼったくり投資信託は買ってはいけない

先日、金融機関の担当者と話をしていると、「上層部から積極的に投資信託を売るように言われている」とのこと。話をしていても担当者の金融商品の知識はあまりにも低い。そんな人間が、高齢者を中心とする顧客に投資信託を売りつけると思うと、あきれ、不安、怒りがこみ上げてきました。今回は投資信託の怪しい一例をご紹介します。

1.ぼったくり投資信託

この国には、金融機関だけが確実に儲かって、顧客が損をする「ぼったく投資信託」が溢れています。その上、顧客が損をすると、「自己責任」という言葉でごまかしてしまいます。信頼性ある大新聞に広告が乗っているからといっても、吟味しないで契約することはお勧めしません。

2.日本経済新聞で広告されている、「ぼったくり投資信託」の一例

「ばったくり投資信託」は、不思議と日本経済新聞で広告されています。紹介します。

2-1.投資のソムリエ

令和2年11月24日に広告されていた、「投資のソムリエ」。広告では、『コロナで実現、「大きく負けない運用」。預金の受け皿として注目。おかげさまで大好評!お取り扱い金融機関が増えています。100社。』とされています。しかし、内容は、購入時手数料:3.3%(税込み)、信託報酬:年率1.54%(税込み)。この低金利の時代に、購入時に3.3%が金融機関に持っていかれ、さらに毎年1.54%が信託報酬で持っていかれます。これで、金融機関はしっかり儲かりますが、購入者にはほとんど利益が残らないどころか、損する可能性も大です。まさに、「購入時に大きく負けて、さらに毎年確実に負ける運用」です。こんな「ばったくり投資信託」を100社を超える金融機関が取り扱っていると思うとぞっとします。

2-2.「グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド:未来の世界(ESG)」

令和2年11月30日に広告されていた、「グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド:未来の世界(ESG)」。広告では、「信頼と実績の証 未来の世界シリーズ 残高2兆円 示談の変化をとらえ、高い競争力や成長力を持つ、「ハイクオリティ成長企業」に厳選投資」と書いてあります。

最近はやりのESGという言葉を使っていますが、内容は、「ばったくり投資信託」です。購入時に3.3%が金融機関に持っていかれ、さらに毎年1.848%が信託報酬で持っていかれます。毎年の信託報酬は、「投資のソムリエ」以上です。ESGという言葉に騙されてはいけません、内容は購入者に全く優しくありません。

*ESG:ESGは、「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(ガバナンス)」の略。企業が長期的に成長するためには、ESGへの取り組みが重要との見方が急速に広まっている。

3.米国一の資産規模を誇るETFの手数料は?

ちなみに、同じ投資信託でも、米国のETF(上場投資信託)は、極めて低コストです。40兆円を超える資産規模の、米国株式のS&P500に連動するインデックスなどは、購入手数料は無料、1年間の経費率も0.03%です。いかに、「ばったくり投資信託」が暴利をむさぼっているかがわかります。

4.なぜ日経新聞で広告される?

なぜ、これほどひどい商品が、日経新聞で広告されるのでしょうか? 日経新聞も所詮は、広告料で成り立っています。広告主がいなければ、経営は成り立ちません。今時、新聞の1ページ全体に広告ができる企業は限られています。その広告主に対しても批判することもできないのです。そもそも広告しなければ売れないような金融商品でもあるのです。

5.まとめ

  • 日本には、金融機関だけが儲かる「ばったくり投資信託」が溢れています。
  • 溢れているだけでなく日本経済新聞で広告までされています。
  • 自ら金融リテラシーを向上させる必要があります。

 

error: Content is protected !!