不幸の最小化

患者さんが、経口摂取できなくなって
胃瘻を増設することは
ご本人、ご家族にとって
幸せなことではありません。

そんな不幸を最小化するために
忘れてはいけないことがあります。
胃瘻造設は生命保険の
高度障害に該当する可能性が高いことです。
生命保険の高度障害は、
住宅ローン免除の基準とも同一です。

実際に私の患者さんで、
50歳代で胃瘻が増設された方がみえます。
高度障害が認定され、
生命保険の死亡保険金が支払われ、
住宅ローンも免除されました。
50歳代で胃瘻が増設されたことは
悲しいことですが、
せめて、生活面だけでもゆとりができれば・・

しかし、高齢になれば
“生命保険には加入していない”
と思われてる方も結構見えます。
そんな時は、一度加入していた生命保険の証書を
確認してみることをお勧めします。
若い時に死亡時に3000万円の保証を得るためには、
“払い込みが65歳
2700万円が65歳までの定期保険
300万円が終身保険”
という方がかなりいらっしゃいます。
ということは、何歳になっても終身保険が残っているのです。

自分はかなりの方に
このアドバイスをして、
生前に終身保険を受け取られました。
亡くなってからでなく
生きているうちに
介護に余裕を持つことができると
喜んでいただいています。

生命保険の営業マンの方も
このことに気が付かれることは少ないようです。
医師は、診療以外でも患者さんの
お役に立つことができるのです。

最小化.png

error: Content is protected !!