メモを復習して知恵にしよう

2015-10-26

年間50回ほどセミナー・講演をさせていただいています。
講演中、多くの方が必死にメモを取られます。
一生懸命さが、講師冥利に尽きます。
しかし、少し意地悪な見方をすると
“そのメモ、後で見るのかな?”と感じます。

多くの方は、後でメモを見られることはないようです。
脳の専門家として考えると
どんな素晴らしい講演でも復習しなければ、
1週間後にはすべて忘れます。
これは講演中にメモをとるとらないに関わらずです。
ならば何のためにメモを取るのでしょうか?

それは後で復習をするためです。
メモ自体は単なる情報・知識です。
ちょうど、記憶が薄れ始めたころに
もう一度メモをまとめましょう。
そうすると単なる情報・知識は知恵になります。
人間の脳は情報をインプットする以上に
“まとめる”というアウトプット“が重要なのです。


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


ですからメモを取るときには、復習を前提にしましょう。
最近、私はエバーノートを使います。
アイパッドでメモ代わりの入力をします。
後日、微調整をしてA4一枚程度にまとめます。
まとめるだけで記憶はみるみる蘇ります。
まさに、記憶が知恵に替わっていく醍醐味です。
もちろん、エバーノートにデータベースとして残っていますので
時間があれば、さらに読み直すことも簡単です。
是非多くの方に、メモを“まとめる”ことで
知恵に変えてもらいたいものです。

 

error: Content is protected !!