人間の最後の仕事は、自分の死を見せること

青山学院の原晋監督の講演での質疑応答で、
次のような質問がありました。
『今の若者が、大きく変わるきっかけは何かありますか?』
これの原監督の答えが素晴らしかったです。
『今の子供たちを言葉で動かすことは難しい。
これだけの情報化社会であれば、
言葉は、所詮どこかで使い古されている。
しかし、大学生の世代は、
丁度、祖父母が亡くなる世代でもあります。
年に数人が、葬式で帰郷するのですが、
返ってくると、練習態度が
まったく変わるんです。』
とのことです。

私は、年間60名前後の方を
自宅で看取らせていただきます。
その際、お孫さんや、曾孫さんがいる場合は、
できるだけ、一緒に身体を拭いてもらうようにしています。
人の死を直に体験する彼らの表情は真剣です。
きっと、彼らの生きる糧になると信じて、
お願いしていました。

今回の、原監督のお話で
改めて納得がいきました。
やはり
“人間の最後の仕事は、
自分の死を見せること”なのです。


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


看取り.jpg

error: Content is protected !!