和仁達也

私は、年間100冊程度の本を読みます。したがって、相当の数の本を読んできました。

その中で、3冊をあげなさいといわれれば、必ずその中の1冊にあがる本があります。

和仁達也さんの『脱ドンブリ経営』です。

この本が出版された当時、私は3つの法人を経営していました。

毎月、会計事務所から月次決算書が渡されるのですが、このままで良いのか?どこを改善すれば良いのか?

と漠然とした不安に駆られていました。

その時に、何気なく手に取った本がこれです。今までの漠然とした不安が、見事にビジュアルで解決していくのです。

今では『会計事務所から渡される決算書が、理解できないのは、経営者の責任ではない』とさえ思っています。

それ以降は、難解な月次決算書を、『脱ドンブリ経営』に基づいたエクセルの表に作り直しています。


当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


現在は、経営する法人は4つに増えましたが、毎月チェックをすることで、漠然とした不安は払拭されました。

まさに著者の和仁達也さんのお陰です。そんな和仁さんにいつか会いたいと思っていたところ、

縁あってお会いできるようになりました。住まいも私の家から、歩いて10分であった事は驚きでした。

最近では和仁さんの電話コンサルトを月に1回受けています。

『脱ドンブリ経営』にとどまらない、和仁さんのコンサルティング能力の高さには頭が下がります。

いずれにせよ、皆様には、和仁達也さんの『脱ドンブリ経営』をお勧めします。

グループとして、そして知り合いにも何冊?何十冊買ったか分かりません。お勧めです。

error: Content is protected !!