親ゆび刺激法を使ったデイサービス

自分らしい、デイサービスが創りたい!
これが、デイサービスを創る際の思いでした。
従来のデイサービスは、
『皆で入浴して、昼食を食べて、レクリーエーションをする』だけ・・・
もっと、残された機能を最大限に使うことはできないのか?
そこで、頭や身体のリハビリも提供できるデイサービスを創ったのです。

 医師になって、患者さんと接していると
改めて祖父のことを思い出すことがありました。
食事の際に、箸を上手に使えなくなった姿
鉛筆で字が上手に、書けなくなった姿
薬を飲むときに、苦労していた姿。
今思うと、認知症の進行とともに指先の動きが悪くなっていたのです。
そんな時、学生時代に学んだホムンクルスの図を思い出したのです。
表面積では、10分の1程度の指が、脳の中で3分の1近くを占める、
すこし異様な図。
足を動かすことに比べ、指先を動かすためには、
脳の広範な領域を動員する必要があるのです。
そのときに決心したのです。
デイサービスのリハビリには、指先を使うリハビリを取り入れよう!
さらに研究を続ける中で、指の中でも
特に、“親ゆび”が重要な働きをしていることが分かりました。
人間は、親ゆびのお蔭で猿人から進化したのです。
親ゆびが他の4本の指と向かい合うことで、
物をつかみ、つまみ、さらに道具を使うことで
脳が飛躍的に発達したのです。

 年を取り、認知症になると意欲が低下します。
親ゆびを使った動きを想像してみてください。
これらの行動には、意欲があります。
つまり、“親ゆびは意欲の象徴”なのです。
私がたどりついた結論
『親ゆびを刺激すると脳がたちまち若返りだす!』
これこそが、親ゆび刺激法の原点でもあるのです。


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


error: Content is protected !!