想起力(アウトプット力)を磨く!

先回、年をとっても”知識が豊富で賢くみえる”ためには
記銘力より想起力、つまりアウトプットを磨く必要性を紹介しました。
会話をしながら、
『○○の本に、こんなことが書いてあった』
『○○の映画で、こんなシーンがあった』
なんて、スラスラと〇〇が出てくると
とっても格好よく、”賢く”見えます。
逆に、○○の言葉が
「えーっとなんだっけ?」
「名前が出てこないけど・・」
では、格好良くありませんし信憑性も乏しくなります。

ならば、想起力、つまりアウトプット力を磨くにはどうすればよいか?
これは、ひたすらアウトプットし続けるしかありません。
学生時代を思い出しましょう。
勉強するときに、参考書を読むだけでなく、
ひたすら紙に書いていませんでしたか?
つまり知らないうちにアウトプットしていたんです。
ならば、社会人としてのアウトプットは?
日記・ブログ・本を書く・・
人前で話す、講演をする・・
が代表的です。
実際、年を経ても聡明で格好良い人は
本を書いて、講演をしているものです。

本を書いたり、講演をするためには
多くの情報をインプットする必要がありますが、
これらはすべてアウトプットを前提にしていますから
極めて効率的です。
つまり、
賢いから本を書いたり・講演するわけではなく、
本を書いて講演するから、賢くなっていくのです。


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


皆さんに出版・講演とは言いませんが、
まずはインプットした知識を
家族や友達に話すことから始めましょう。
度が過ぎると迷惑がられますが・・・

想起力(水).jpg

error: Content is protected !!