覚えられないのか? 思い出せないのか?

2017-06-26

多くの方が40歳を超えると
“最近、記憶力が悪くなった!”と訴えられます。
さて、その時の記憶力とは何を指すのでしょうか?
記憶力を大きく分けると
入力系、つまり情報をインプットする『記銘力』と
出力系、つまり情報をアウトプットする『想起力』に分けられます。

そこで、記憶力が悪くなったと訴えるあなた・・
『覚えられないのか? 思い出せないのか?』かどちらでしょうか?
多くは、何らかの形でインプットされている情報が
うまく引き出せなくなっているのではないでしょうか?
確かに年を取ってから資格試験にトライするような場合
覚えられなくて苦労することもあります。
しかし、これも冷静に考えると
『覚えられない』と言っている言葉の本質は
『思い出せない』ではないでしょうか?

社会人が記憶力を高めたい、
あるいは取り戻したいと言う場合、
その目的は、『たくさんのことを覚えたい』ではないはずです。
“『想起力』を使って価値あるアウトプットを出し続けること”が、
社会で求められているのではないでしょうか?


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


実際に、年を経ても知識が豊富だなと思われている人は、
“頭の中にどれだけ知識があるか”で評価されているわけではありません。
知識を、いかに加工してアウトプットしているかで評価されているのです。
くれぐれも記憶力が悪くなったから、
もっともっと勉強して、さらにインプットを増やすことは意味がありません。
逆に年を経たら、インプットの比率を減らして
アウトプットの比率を高めることが
“知識が豊富で賢くみえる”コツなのです。

error: Content is protected !!