“年を取れば、こんなもん”ではない!

2017-03-01

平成29年2月12日の
自主開催による地元土岐市での1000人超えの講演後、
確実に土岐市が変わってきています。
当日お願いしたことの一つが、
主治医は変えなくても良いので
認知症だけでも、早めに当院にかかってくださいということです。
遠方の方は、近所の医師は家庭医として残し、
当院で専門治療を受けるという意識が自然とできるのですが・・
近隣の方の受診が遅れる傾向があったのです。

『なぜもっと早く受診しなかったの?』と聞くと
家庭医は、
“年を取れば、こんなもんですよ!”とのこと。
講演では、はっきり言いました。
『認知症について、質問して、
検査もせずに”年を取れば、こんなもんですよ!”
と答えた医師に認知症について更なる質問は無駄です。
認知症だけでも当院に受診してください。』

講演のおかげで、地元の方も
たくさん受診してくれるようになりました。
やはり、患者さんは、長年お世話になっている
家庭医の先生を変えずに
認知症だけ受診できることは、
安堵感があるようです。
そんな気遣いをされる
地域の患者さん方は
本当に、心が優しいんです。


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


ところが受診されてから困ったことが・・
① 家庭医から作用時間が15時間以上の睡眠薬が処方されている
・・中止したら、認知症のような症状は改善
② 家庭医から長年、漠然と悪心を抑える薬が処方されている
・・中止したら、小股歩行が改善して転倒のリスクは消失
③ 家庭医から、認知症の薬が漫然と処方されている
・・中止しただけで、攻撃性が改善
④ 採血をしたら、認知症でなく甲状腺機能低下症
・・ホルモン補充ですべてが改善

やはり認知症については、
専門医に受診したほうが
患者さんは、幸せなようです。

error: Content is protected !!