糖尿病リスクのある方はハーゲンダッツとガリガリ君、どちらがお薦め?血糖値スパイクドクターの提言①

糖尿病リスクのある方はハーゲンダッツとガリガリ君、どちらがお薦め?血糖値スパイクドクターの提言①

血糖値スパイク(=食後高血糖)をもつ総合内科専門医として、令和2年4月からフリースタイルリブレを装着して3か月目に入ります。リブレによって頻回に血糖が測れることで、血糖とカロリーは異なることを痛感しています。特に、医師として気を付けないと、患者さんに間違った指導を行ってしまう可能性もあるということです。血糖値スパイクとフリースタイルリブレについては以下の記事も参考になさってください。

糖尿病になると、アイスクリームなどは絶対に食べてはいけないと勘違いしていないでしょうか? 糖尿病は、「○○を食べてはいけない」といった病気ではありません。仮に、アイスクリームを食べたければ、その分ご飯を減らすなど、自分自身の中で取引することが大事です。

そのためには、食品に対する正しい知識が必要です。ところで、同じアイスクリームで、「ガリガリ君とハーゲンダッツ」ではどちらが血糖値を上げるでしょうか? これは、私自身の経験でも、明らかにハーゲンダッツの方が血糖値は上がりにくいです。ちなみに両者の栄養素を比較してみました。

ガリガリ君 ハーゲンダッツ(バニラ)
容量 110ml 110ml
カロリー 69カロリー 244カロリー
タンパク質 4.6g
脂質 16.3g
炭水化物 18.1g 19.9g

カロリーだけ見ると、ハーゲンダッツは、ガリガリ君の3倍以上あるのに、血糖値はガリガリ君の方が上がるのです。これって不思議だと思いませんか?これは、ガリガリ君は、純粋に糖質だけなので、食べた後に急激に血糖が上昇します。一方、ハーゲンダッツは、乳脂肪を含むため血糖が上がりにくいのだと考えられます。私のような食後高血糖の人間にとっては、高価でも高カロリーのハーゲンダッツの方がお薦めなのです。

但し、だからと言って毎日、ハーゲンダッツのアイスクリームを食べてくださいというわけではありません。食べ過ぎれば、血糖以外の、中性脂肪やコレステロールの増加による肥満を引き起こします。あくまで、ゆっくりと食事をした後に、デザートとして少量食べられることをお薦めします。いずれにせよ、健康診断で血糖値や一か月の血糖の平均を示すHbA1cが正常でも、一度はフリースタイルリブレを装着されることをお薦めします。詳細は以下の記事も参考になさってください。

error: Content is protected !!