激しい下痢と嘔吐と発熱 サルモネラ感染症を疑う症状を専門医が解説

激しい下痢と嘔吐と発熱 サルモネラ感染症を疑う症状を専門医が解説

外来をやっていると、常に下痢の患者さんは受診されます。殆どの患者さんは、整腸剤等の処方で1~2日で改善します。しかし、中には発熱を伴い、激しい悪心・嘔吐を伴うことがあります。その一因としてサルモネラ菌の感染があります。サルモネラ菌が原因の場合は、若い患者さんでも「今までにこれほどの苦痛はない」という症状で、ときに入院が必要になるほどです。今回の記事では、総合内科専門医の長谷川嘉哉がサルモネラ感染症を疑う症状と、対応方法をご紹介します。

1.サルモネラ感染症とは?

サルモネラ感染症には以下の特徴があります。

1-1.細菌感染である

サルモネラ感染症は、細菌の一種であるサルモネラ菌による小腸への感染症です。

1-2.症状はかなり激しい

症状は、悪心、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱です。嘔吐と下痢が同時であったり、食事が摂れなくて38度以上の発熱を伴ったりするなど、身体へのダメージがかなりあります。特に下痢の症状は強く、水のような便が何度も続き、トイレから離れられないこともあります。そのため、脱水がひどく、けいれんや意識障害を起こすこともあります。

1-3.症状が数日間以上続く

サルモネラ感染症による症状は、短くても3~4日は続きます。人によっては1週間以上続くこともあり、入院が必要になることもあるのです。軽い胃腸風邪の下痢であれば、数回で収まるのとは程度がまったく異なります。

2.原因食材は?

サルモネラ菌が原因の食材には、以下の特徴があります。

2-1.肉と卵に注意

サルモネラ菌は、豚、鶏、牛の腸の中にいる常在菌です。そのため、汚染された牛肉、豚肉、鶏肉、卵などにより食中毒を起こします。

2-2.鶏肉の頻度が最も多い

私の経験上は、特に鶏肉の頻度が一番です。鶏肉は、炒めたり、油で揚げたものも原因となります。そのため、患者さん自身も、鶏肉が原因だとは思っていません。しかし、私が「鶏肉を食べませんでしたか?」と質問すると、患者さんの半分以上が食べたと答えられるほどです。加熱が生焼けだったりムラがあったりすることが原因と思われます。

2-3.集団発症は少ない

鶏肉が原因の場合、食事をした全員が発症することはなく、たまたま火が十分通っていなかった肉類を食べた患者さんが単独で発症します。そのため、集団食中毒にはならないため、問題とならずに見過ごされてしまいます。

Fried chicken
短時間で大量につくる唐揚げに注意しましょう

3.胃腸風邪とは何が違う?

患者さんによっては、胃腸風邪と軽く考えて受診される患者さんがいらっしゃいます。胃腸風邪はウイルスが原因で、細菌性に比べ症状も軽いことが多いのです。しかし、以下の症状がある場合は、サルモネラ感染症などの細菌性を疑います。

  • 水のような下痢が、5回以上続く
  • 37.5度以上の発熱を伴う
  • 食事が摂れないほどの、悪心・嘔吐
  • 今までに経験したことがないほどの強い症状

胃腸風邪については以下の記事も参考になさってください。

4.診断は?

サルモネラ感染症の診断は、以下のように行います。

4-1.下痢に発熱が伴えばまず疑う

下痢に、37.5度以上の発熱を伴った場合は、まずはサルモネラ菌などの細菌による感染症を疑います。

4-2.血液検査

至急で血液検査を行い、白血球やCRP(C反応性蛋白)を確認します。いずれも正常の場合は、ウイルス性の感染を疑います。白血球が増えCRPが高くなっている場合は、細菌性感染症を疑います。

4-3.便培養を

症状と血液検査で細菌性感染症が疑われたら、躊躇せずに便培養を行うことが大事です。発症して3日経つと便培養で殆ど細菌は認められなくなってしまいます。そのため、確定診断のためには、早急に便培養検査をする必要があります。

5.治療

治療は以下のように行います。

5-1.脱水補正

食事もとれなく、激しい下痢が続き、発熱も伴う。若い人でも、脱水になってしまいます。多くの場合は、食事どころか水分も取れないため、点滴による補液を積極的に行います。

5-2.下痢止めは使わない

強い下痢止めは、腸の動きを止めてしまうため、除菌が遅れ、麻痺性のイレウスを引き起こす可能性があるため使用しません。乳酸菌やビフィズス菌が含まれている整腸剤で腸内細菌叢を整えます。

5-3.抗生剤の経口投与

通常、下痢の場合は、腸内の細菌バランスを崩すため抗生剤を使用しません。しかし、サルモネラ菌による感染症の場合は、抗生剤を使用します。この場合の抗生剤は、腸内細菌に対する影響も少なく、除菌率も高いことから、ニューキノロン系を使用します。

5-4.解熱剤も使わない

発熱があっても、熱を下げる解熱剤は使用しません。発熱は、細菌を殺すための必然から、熱が出ています。そのため、できるだけ解熱剤は使用しません。又、解熱剤の多くは、サルモネラ細菌に対して使用するニューキノロン系の抗生剤と併用禁忌の点からも使用しません。

6.まとめ

  • サルモネラ感染症は、胃腸風邪に比べ、発熱を伴い、下痢・嘔吐の症状も激烈です。
  • サルモネラ感染症の原因としては、鶏肉の頻度が第一です。
  • 炒めたり、揚げた鶏肉も原因となるので注意が必要です。
error: Content is protected !!