一人なんばグランド花月

平成24年1月9日(月)、13時から大阪で仕事の打ち合わせがありました。

せっかくの大阪です。

ついでにどこか?と考え、なんばグランド花月に一人で行くことにしました。

午前の部が、9時45分から12時05分までと時間もばっちりです。

なんばの駅に9時に到着。

前日に、インターネットで予約した券を機械で発券して入場です。

とてもスムーズでした。

実は、なんば花月はこれで5回目ですが、前回は開園10分後に、患者さんが急変し名古屋に戻ったこともありました。

公演は、前半に漫才・落語等の6組が一組10分で行われました。

6組は、どれもとても面白く、一人で来たことも忘れ、大笑いしていました。

しかし、考えてみると各々は正確に10分の持ち時間を守り、休日である1月9日は、3本の公演を行うのですから、見た目以上に、技術・経験を要する大変な仕事であると感じました。

休憩を挟んでから、後半は吉本新喜劇です。

テレビでご覧になられた方も多いと思いますが、生で見るほうが、数倍面白いです。


当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


これも、表に見えない努力の繰り返しの賜物であると感じました。

医学的に見ても、笑いの効用は報告されています。

一つは、血液中のIL-6の活性を低下させることです。

このことで、慢性関節リウマチの活動性を改善する効果があります。

さらに、血液中のNK細胞の活性を上げるという報告もあります。

NK細胞はナチュラル・キラー細胞といい癌細胞を死滅させる働きがあるのです。

つまり、笑いにより癌をも改善させる可能性があるのです。

恐るべき笑いの力です。

公演終了後は、一人お好み焼きで、お腹を満たしました。

その後の、梅田のグランビアでの打合せは、笑いで身も心もクリアになった状態で話し合いができました。

素敵な笑いを提供いただいた、吉本興業さんに感謝です。

error: Content is protected !!