「点滴だけでもお願いできませんか?」が、穏やかな最期を踏みにじる理由を専門医が解説。

「点滴だけでもお願いできませんか?」が、穏やかな最期を踏みにじる理由を専門医が解説。

人は誰でも、人生の最期は、穏やかに迎えたいものです。特に、無用な医療行為による延命などは誰でも避けたいものです。しかし、時に周囲の人間の何気ない言葉、「点滴だけでもお願いできませんか?」が、穏やかな最期を台無しにしてしまうことがあります。今回の記事では、600人以上の在宅看取りを実践する長谷川嘉哉が、不用意な一言「点滴だけでもお願いできませんか?」について解説します。

1.点滴だけでもお願いしたい気持ち、とは

高齢で、全身状態も悪化、自ら食事も受け付けなくなり、あとは穏やかに死を待つ段階で、家族の一部から「点滴だけでもお願いできないでしょうか?」と言われることがあります。そんな言葉を発する方には、以下のような気持ちがあるのだと思います。

  • 心の準備をするために、少々の猶予が欲しい
  • このまま死を受け入れられない
  • せめて何かしてあげたい

そのような気持ちから、基礎的な治療の一つとして「点滴だけでもお願いできませんか」と頼まれるのでしょう。そのお気持ちもわかります。

2.もし「点滴だけでも」を実施したら

しかし、もし「点滴だけでも」を実施すると以下のような事態になります。

2-1.全身の浮腫

本来、自ら食事の摂取ができない状態では、全身の栄養状態は悪化して、低たんぱくの状態になっています。この状態で、安易に点滴で水分を補給すると、全身の浮腫(むくみ)が悪化してしまいます。

2-2.点滴の際の痛み

経口摂取が減ると、脱水状態になり血管が細くなります。そこに、浮腫が加わると点滴の挿入が困難になります。そのため、何度も針を刺すことにつながります。点滴が入っても、少し動くと点滴が漏れてしまうために、無用に抑制をしてもらう(動かないように拘束する)必要も出てくるのです。

2-3.たらいまわし

介護施設によっては、施設で点滴ができないケースもあります。そうなると、「点滴だけでもお願いできないでしょうか?」は、入院を希望することになります。そうなると入院。その後は、中心静脈栄養もしくは胃ろうを増設されて、より劣悪な施設にたらいまわしになってしまいます。中心静脈栄養や胃ろうについては以下の記事も参考になさってください。

 

3.「点滴だけでも」は患者さんのことを本当に考えていない、とは

通常、食事がとれなくなれば脱水が進行し麻酔がかかったような状態になります。つまり、周囲で診ているほど、本人の苦痛はないのです。さらに脱水により尿が作られなくなり、腎不全を経て静かに亡くなっていきます。

しかし点滴を行うと、身体自体は生命体として終焉を迎えていても延命されてしまいます。人間は、自ら食事がとれなくなれば最期なのです。家族の精神的な満足のための「点滴」は、患者さんに対して、恐ろしいほどの苦痛を与えてしまうのです。

安易な、「点滴だけでもお願いできないでしょうか?」という言葉は、そこから長い期間、苦しむことになる患者さんや、毎日お世話をする介護者のことを考えていないともいえるのです。


当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


4.誰が、「点滴だけでもお願いできませんか?」を発する?

「点滴だけでもお願いできないでしょうか?」という言葉を安易に発する方には以下の特徴があります。

4-1.介護をしていない身内

本当に毎日介護をしている方は、患者さん自身も本当に頑張ったことをわかっています。殆ど介護をしていない人が、安易な言葉を吐くのです。

4-2.中途半端な知識を持った家族

今の時代に、真剣に情報を集めれば、点滴や胃ろうが、無意味な延命であることも理解できるはずです。中途半端な知識しか持たない方が、安易な言葉を吐くのです。

4-3.ぽっと出症候群

普段の状況を何も理解しないまま、年に1、2度突然やってきて、治療方針に口出しをする遠方に暮らす子どもさんのことを、「ぽっと出症候群」と言います。彼らこそが、安易な言葉を吐くのです。ぽっと出症候群については、以下の記事も参考になさってください。

5.「点滴だけでもお願いできませんか?」に対抗するために

「点滴だけでもお願いできないでしょうか?」に対抗するには、以下のことが大事です。

5-1.本人の希望を明確にしておく

生前から、無用な点滴などの延命は希望しないことを、家族に伝えることが大事です。伝える場合も、一度だけでなく、事あるごとに言い続けることが大事です。場合によっては、エンディングノートを用意して、文章で残しておくと有効です。

5-2.残された家族で意志の統一

残された子供たちの意見が分かれると、安易な点滴につながります。子供さん同士、本当に親のことを考えれば、意見はまとまるはずです。多くの方が、「点滴だけでもお願いできないでしょうか?」は安易に発してはいけないことを理解してください。

5-3.信頼できる主治医との連携

信頼できる医師を主治医にすることも大事です。私の場合、仮に家族が安易に「点滴だけでもお願いできないでしょうか?」といわれれば、「あなたの自己満足のために患者さんを苦しめますか?」と聞き返します。そうすると多くのご家族は、正しい選択をされるものです。

6.まとめ

  • 高齢で、穏やかな死を迎える段階になって、点滴を希望されるご家族かいらっしゃいます。
  • この段階でも点滴は、患者さんの苦痛を増やすだけです。
  • 介護者の自己満足のための点滴は安易に希望してはいけないのです。
error: Content is protected !!