医学博士。岐阜県土岐市を中心に9ヶ所のクリニック、介護施設、リハビリ施設を運営する医療法人ブレイングループ理事長。毎月1,000人以上の認知症患者を診療する日本有数の認知症専門医。開業以来5万件以上の訪問診療、500件以上の在宅看取りを実践している。

認知症:コミュニケーションスキル

認知症の患者さんから話を聞く場合、まず聞き手自身がリラックスしている事を確認してから、コミュニケーションを始めます。 またリラックスしている事を相手に伝える必要があります。 さらに気を散らしたり、刺激になるような周囲の雑 …

メラビアンの法則

先回ご紹介した表情筋トレーニングやってみましたか?  アメリカの心理学者アルバート・メラビアンは、人の言動が他人に及ぼす影響について、 話の内容などの言語情報が7% 口調などの聴覚情報が38% 見た目などの視覚情報が55 …

表情筋トレーニング

前回、紹介した表情筋トレーニングの具体的方法を紹介します(「見た目」の流儀 岡野宏著より引用)。 笑顔は口先だけで笑うと嘘笑いになるので眼から下全部を使って笑うことがコツだそうです。 紹介した方法は、俳優達が顔の表情を豊 …

笑顔のキャッチボール

講演で、内容に応じてうなずいたり、笑ってくれる聴衆がいると、演者も乗ってきて講演会の雰囲気が良くなってきます。 時々、何を話しても、笑顔一つ見せずに難しい顔をしている方が見えます。正直、演者としてやりにくいものです。 そ …

誘われたら断らない

認知症予防の一つに、社会的ネットワークの構築があります。 その危険因子として   ①手紙・電話をしない   ②友人や親族を訪ねない   ③外出しない   ④社交的でない という事柄が挙げられています。 講演で良くお話をす …

講演を基にした、人間関係のネットワーク

認知症や在宅医療を中心に年間30回程の講演をさせていただいています。 11月29日(日)にも愛知県の大口町で『わかって!認知症 ~医療・介護現場の原状~』というテーマで約2時間お話をさせて頂きました。参加者も300人程度 …

人間関係のネットワークの強化

人間は20歳を超えると1日10万個神経細胞を失います。はっきり言って、ぴんと来ないと思いませんか? 一度計算をして見ましょう。 1日10万個・・1年で3650万個=0.365億 50年で・・0,365億個×50年=18. …

扁桃核を中心としたネットワーク

男女が双方好意を持つことを想像しましょう。 実は、人間が人を好きになることは、理屈ではありません。大脳の辺縁系にある扁桃核を中心としたネットワークにより快か不快かを判断します。 成人した男女が双方で好意を持つとき、3歳ま …

三つ子の魂、百まで

人間の脳細胞の数はどの程度か知っていますか?答えは約180億個です。  驚くべき事に、この数は出生時にもほぼ同じ数が存在します。 出生後、神経細胞は樹状突起を伸ばし、複雑なネットワークを形成し、約3歳には基本構造は完成す …

認知症の「行動・心理症状(BPSD)」

 認知症が進行すると先回の中核症状だけでなく、感情的な変化や精神病的な言動が出現してきます。介護者が悩まされる症状です。このような症状を中核症状に対して「行動・心理症状(BPSD)」と呼びます。従来の周辺症状と同じ意味で …

error: Content is protected !!
長谷川嘉哉監修シリーズ