名作『恍惚の人』を超えた! 旺季しずかさんによる平成の名作!!

2015-12-30

認知症を取り上げた本や小説はたくさんあります
しかし、家族や医療現場の人間が見ると
がっかりするものが多いものです

理由は2つ
まず、認知症でも若年性アルツハイマーを取り上げることが多いこと
若年性アルツハイマーは、65歳未満で発症します。
本人・家族の負担は計り知れません。
残念ながら、進行も急激です。
その割には、本当の大変さが描ききれていません。
渡辺謙さんが主演された『明日の記憶』
これから介護が大変という状況で
映画は終わってしまいました。
ご家族からは随分、不満が聞かれたものです

2つ目は、アルツハイマー型認知症が題材になっていないこと。
若年性アルツハイマーの頻度は5%程度です。
世間で問題になっているのは
80歳前後で発症するアルツハイマー型認知症。
対象が高齢者だと小説や映画にしにくいのでしょうか?
過去には、有吉佐和子さんの『恍惚の人』が有名です。
これは小説・映画ともに秀逸です。
映画も学生の授業に使えるほどのリアリティがあります。
『恍惚の人』を超える作品が見当たりません


長谷川嘉哉監修の「おいしい桑の茶」 2つのパワーで「糖」を気にされる方におすすめ 詳しくはこちら



当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


自分は、認知症をもっとも幅広く見ていると自負しています。
早期認知症の段階
物忘れの段階
幻覚や妄想が出現する段階
そして寝たきりになって、亡くなるまでの段階
これは、どれも認知症です。

そこで閃きました。
私のこの経験を誰か表現してくれないか?
理想的な人がいました。
先回ご紹介した、
『臆病な僕でも勇者になれた七つの教え』の
旺季しずかさん。
彼女と自分のコラボレーションで
名作『恍惚の人』を超える平成の名作!
認知症のご家族も、納得して読むことでき
なおかつ勇気と元気をもらえるような本
読んでみたいと思いませんか?
今度旺季さんに頼んでみよう

error: Content is protected !!