読書 日本経済新聞 長谷川等伯

私自身、読書はすっかり生活に根付いているため、年間100冊程度は読んでいます。 時々、あまり本が読めないという方にお勧めなのが、新聞の連載小説です。 毎日、短い文章ですぐに読めてしまいます。 読んでいるうちに、続きが楽し …

孤舟by渡辺淳一 ③

先回までお話ししたように、人間は60歳を超えてからも働く必要があります。 金銭を稼ごうと思うと、今の時代難しいかもしれませんが、自分の知識を社会に還元すると考えてはいかがでしょうか? 私もNPO法人でグループホームを運営 …

孤舟by渡辺淳一 ②

孤舟の主人公はいわゆる団塊の世代です。 我々の世代からすると、本当に家庭のことは、何もできない世代なのだと感じました。 何もしない、ご主人が毎日家に居れば、確かに奥さんはノイローゼになってしまうかもしれません。 対して、 …

孤舟by渡辺淳一 ①

先日、渡辺淳一さんの“孤舟”という小説を読みました。 書評では「定年退職して始まる本当の孤独。 バラ色の第2の人生のはずが、待っていたのは、夫婦関係と親子関係の危機。 人生最大の転機をいかに乗り切るか。」という内容です。 …

山谷でホスピスやっています

映画「おとうと」のなかで、紹介された民間ホスピスを描いた、 “山谷でホスピスやっています”を読みました。 東京・山谷のドヤ街に立ち上げた在宅型のホスピス「きぼうのいえ」。 金なし、コネなし、経験なし。あるのは行き場をなく …

逸脱する”病院ビジネス“

先日、NHK追跡取材班による、”逸脱する病院ビジネス“という本を読みました。 全国の病院の半数以上が赤字になる中、 崖っぷちに追い込まれた病院でおきている事例が紹介されています。 本の中では、貧困ビジネスとして、 生活保 …

error: Content is protected !!