あなたは仕事を選べるほどの資産家ですか?

先日、面白いスタッフの面接を経験しました。

30歳代女性で、バツイチ。

幼い子供を抱えて、実家で生活をしているようです。

2ヶ月前に、現在の職場に勤め始めたのですが、当初と条件が違うので当グループに変わりたいとの事。

さらに話を聞くと、仕事内容にも不満があるとの事。

我々、経営者からすると、職場側も無理をして週30時間の勤務にして社会保険の加入をしてあげているようですが、本人には全く感謝の気持ちはないようです。

 あまりにも、不平不満ばかり言うので、もう一人の面接官が思わず『あなたは、収入とやりがいと子育てと何を一番重視するのですか?』と質問しました。

すると、本人は、『子育ても大事ですが、やりがいを犠牲にしてまで収入にこだわりたくない』と言ったのです。

 思わず、私の頭の線が切れてしまいました。

こういうケースのお決まりの、“あなたは仕事を選べるほどの資産家で、不労所得があるのですか?”と聞いてしまいました。

もちろん、そんな資産家ではないとの事。

『あなたに必要なのは、子供を育てるために安定した常勤職につき、お金を稼ぐことではないですか?』と思わず口調が強くなってしまいました。

本人は、何を言われているか理解できていないようでした。

 最近、自分自身のセルフプロデュース能力が欠けている人が多いように感じます。

自分自身の生活環境も考えずに、自身のやりがいや要求ばかりする。

その上、努力はしない・・

 現在77歳の父親が、『40年以上銀行員という職についていたが、生きていくことに必死で、職業が自分に合っているかなど考えたことは無かった』という言葉を思い出しました。

世の中が、豊かになり、要求ばかりして感謝が出来ない人が増えてきたのかと感じます。

 もちろん、この女性を当グループで雇用する事はありませんでした。

改めて、気づきを与えてくれた、30歳台女性に感謝します。

error: Content is protected !!