素直な行動が、“ツキ”を呼ぶ

最近私のブログやポッドキャストからの情報を、“素直”に行動に移される方が増えています。

“禁煙とアルコール制限をして、顔色が別人のように変わった方”、“5年日記を購入してはじめられた方”“。

私が推奨している“戦略的検診術”をすべて実行され、病気が見つかった方も見えます。

糖質制限食を導入して体重を減少させた方は、10名近くに上ります。

本を紹介すると、すぐに購入して感想を教えてくださる方も多々見えます。

ちなみに、私の定義する“素直”とは、『黙って話を聞く人』ではありません。

“素直”とは、“良いと判断すればすぐに行動に移す人”です。

医師と患者さんの関係であれば、黙って聞いてはくれるのですが、なかなか行動に移してはくれません。

その点、私の周囲に、“素直な方”がとても多いようです。

なぜなら私の周囲には、西田塾仕込みの“ツキのある人達”が集まっているからです。

つまり“ツキがある人”とは、“すぐに行動に移す素直な人”と同義語と言えるのです。

但し、そんな“素直な人たち”にも傾向があります。

それは、基礎学力を伴っているのです。

基礎学力とは、人の話を聞く力、読んで理解する読解力を意味します。

それを測る指標としては、“学歴”、“資格の取得歴”、“スポーツ歴”があるようです。

やはり基礎学力がなければ、どの分野でも成果を出すことは難しいのです。

基礎学力をもって努力して、学歴、資格取得、スポーツで成果を出してきた人は、『素直に行動した結果の成功体験』を知ることになります。

結果として、その後も“素直な行動”が習慣化してさらに“ツキ”を呼び寄せるのです。

残酷なようですが、基礎学力がなければ、成果が出ることもありませんし、素直な行動もしません。

結果としてツキも呼び込むことはできないようです。そして、ツキのある人は、そんな“ツキのない人”とは付き合ってはいけないのです。

error: Content is protected !!