介護福祉業界への転職で20万円支給!「介護職就職支援金貸付事業」とは?

介護福祉業界への転職で20万円支給!「介護職就職支援金貸付事業」とは?

少子高齢化のなか、介護が必要な高齢者は急増していますが、介護の担い手は、なかなか増えません。確かに、介護職は慢性的人手不足、低賃金、重労働と言われています。しかし、「介護職は、お金をいただくのに感謝してもらえる素晴らしい仕事」です。こんな素晴らしい仕事は、世の中には少ないものなのです。

そんな介護事業に多くの方に転職してもらうために2021年4月から介護職就職支援金貸付事業が始まりました。この制度は、介護・福祉業界に転職する未経験の方を支援する制度です。指定の研修を修了すると最大で1人あたり20万円が支給されます。あくまで貸し付けですが、2年間働けば返済を全額免除されます。

介護業界は、学歴は全く不要であくまで現場での経験年数で評価されます。とりあえず、20万円の免除のために2年頑張れば、仕事にも慣れ、やりがいも出てきます。さらに1年頑張って、3年の現場経験を積めば、介護福祉士の受験資格も得られます。さらに5年の現場経験を積めば介護支援専門員(ケアマネ)の受験資格も得られます。介護職就職支援金貸付事業がそんな一つのきっかけになればよいと思います。

なお、指定の研修には2〜6か月必要です。その間は、雇用保険に加入していて支給条件が合えば、失業手当の受給が可能です。雇用保険が適用されない場合は、ハローワークに申請すると、月10万円の職業訓練受講給付金を受け取ることができます。


当ブログの更新情報を毎週配信 長谷川嘉哉のメールマガジン登録者募集中 詳しくはこちら


error: Content is protected !!