感動のノイズキャンセリング機能

2014-05-12

先日、少し高価なイヤホンを購入しました。ボーズのノイズキャンセリング・イヤホンです。カタログでは、“「消音性能」「音響性能」「装着性」を高次元で融合。騒音に囲まれた場所でも快適に音楽を楽しめます。” と書かれていました。少し大袈裟かな?と思いましたが、西武池袋店で実際に体験してみて購入にいたりました。

購入後、実際に使ってみているのですが、これが凄く良いのです。私は毎朝クリニックのトレッドミルで音楽を聴きながら、本読みながら40分間歩くことを日課にしています。私が聴く音楽はクラッシクが中心なので、マーラやブルックナーなどの交響曲の小さな音は、トレッドミルの雑音で聞こえなくなっていました。しかし、ノイズキャンセリング・イヤホンをつけるとトレッドミルの雑音はかなり小さくなり快適に音楽を聴くことができます。

また歩いている感覚も通常が板張りの床を歩いている音とすると、絨毯の上を歩いているような感覚になります。そのため、より速いスピードで歩くことになり、今まで以上に汗が噴出してきて運動効果が上がっています。これは、予想外の効果でした。

すっかりこの効果が気にいり、月に4-5回の東京出張の新幹線でもノイズキャンセリング・イヤホンを使用してみました。そうすると、思っていた以上に新幹線は騒音が多いことに改めて気がつきました。ノイズキャンセリングは、新幹線のように一定の騒音がある場合には特に効果があります。心地よい静寂の中で読書ができ仮眠もとることができます。もちろん、疲れも全く違います。騒音は思いのほか疲労を増幅させるものだと気がつきました。そのため乗り過ごしそうになることが唯一の難点かもしれません。

私が購入した、 「QuietComfort 20」の販売価格は3万2400円。決して安いとはいえませんが、その効果に大満足です。出張の多い方には特にお勧めです。

error: Content is protected !!