超個性的なメンバーによる、個性的な教育論

2016-07-27

先回、参加のメンバーは血液型からわかるように
“個性的”です。
そのため、皆が”教育”には一家言持っているようです。

Eさんは、子供の成績の結果に対して
お金を払っているそうです。
確かに、”お金で釣る?”ことには
賛否があるかも知れませんが、
結果として、学習習慣がつき
成功体験が得られれば、
手段は関係ないのです。

Kさんの子供さんは
何と、試験を受けたことがないそうです。
最終学歴は、保育園
しかし現在18歳で
三か国語を操り
生きる力は、十二分に
備わっているそうです。

私は、以前に紹介したように
家族会議を、毎月1回、計84回行っています。
そこで、家庭の資産状況も
ビジネスの進行状況も
オープンにしています。
自分だけでなく
妻も、娘の最低限の知識として
FPの資格を取ることを義務付けています。
今後は、子供たちが、祖父母からもらったお小遣いに対して
長谷川家として”課税する”という話には
皆からの笑いを戴けました。

教育のプロのNさんは
バーチャルな学校をつくり
運動会・遠足もバーチャルで行っています
今後は、エリアも、日本から
世界に広がるようです。
まさに日本の教育を変えてしまう
力強さがみなぎっていました。

やはり個性的なメンバーは
現在の、日本の教育制度には
満足していないというか・・
期待もしていないようです。
参加者のスタッフ・子供たちの将来も
とても楽しみです。

error: Content is protected !!