高齢になったら、コミック談義を

先日、何気なくFBを見ていると
柴門ふみさんの記念特集で
「東京ラブストーリー~After 25 years~」
内容は
最終回から25年後、
50歳になったカンチがひょんなことから
リカと再会するエピソードが描かれる。
あと数日で50歳になる自分に
どんぴしゃりです。

 この漫画の連載が1988年に雑誌で連載スタート。
1991年には鈴木保奈美と織田裕二の出演によりTVドラマ化され、
単行本の売上げは累計250万部を超える大ヒットを記録しています。
当時、自分は
22歳で大学4年生。
まさに青春真っ盛りです。

 ドキドキしながら、
連載を心待ちにしたものです。
そんな
東京ラブストーリー
20歳代のスタッフに聞いてもほとんど知りません。
考えてみれば生まれていないのですから
止むを得ません。

 50歳になった主人公を見たいような見たくないような
雑誌を買いに行こうか、どうしようか?
迷っていましたが
今は雑誌がKindleで購入できてしまいます。
すぐに購入して
あっという間に一気読みです。
やっぱり読んでよかった。
25年間いろいろあったけど
主人公と一緒に人生を
歩んだような気がしていました。

 認知症の患者さんをみていると
どれだけ物忘れが進行しても
若いころに覚えた
百人一首は
サラサラと
思い出されます。
残念ながら、自分は
百人一首は覚えていませんが
コミックだけはたくさん読んでいたので
年をとっても
コミック談義はできそうです。

error: Content is protected !!